タマシギ♀のイケイケ日記

野鳥図鑑画家の夫と35年。喘息と不思議な糖尿病抱えつつ、西へ東へ。きよしくん・演歌・“ポケ森”・ツムツム、ときどきダイエット…。 AB型申年蟹座オンナの爆走の日々を綴ります。

きよしくん&演歌・歌謡曲

忘れてる?忘れてない?

きよしくんのシングル、さすがにデビュー13年目年にもなると、何が何だか何時発売だったか、混乱してきていることが、今日母と話していて判明。
ということで、何処まで覚えているか、ちょっと書いてみようと思い立ちました。
まず、何も見ないで発売順に書いてみる。ラブリィとかのJ‐POPのKIYOSHI名義は置いといてっと。

1・箱根八里の半次郎
2・大井追っかけ音次郎
3・きよしのズンドコ節
4・星空の秋子
5・白雲の城
6・きよしのドドンパ
7・番場の忠太郎
8・初恋列車
9・面影の都
10・一剣
11・12同時発売
きよしのソーラン節
あばよ
13・玄海船歌
14・哀愁の湖
15・?
16・ときめきのルンバ
17・
18・虹色のバイヨン
19・あの娘と野菊と渡し船
20・情熱のマリアッチ
21・櫻

…浪曲一代はどこだったかな?もう一曲三味線なんとかがあったよな…
この2曲は正直超苦手で、そのあとのルンバとバイヨンで、思い切りテンションあがったんだったなぁ…
んんんんんわからん。思いだせないのが悔しいけど、睡魔との闘いも限界だし〜

ここで答え合わせ。そかそか、15に浪曲で17に三味線だったかぁ。
21分の2が不正解ってこと?順番はあってたぞ。でもなぁふがいないっす。

これから、毎日牛のように反すうして、生きて行こうっと。

あぁぁぁぁ原稿書かんで、こんなことして、ダメじゃん!もう1時過ぎてるし。

氷川きよしコンサートツアー2012

ded8e5c9.jpg


渋谷公会堂、今日と明日の4ステージ。
今日は今年のコンサートツアー30日目の昼の部で、59ステージ目とのこと。
セットリストはのちほど…

これは新作のコンサートグッズの風呂敷です。
昨年のクリスマスコンサートの時に英字のきよしくん新聞を印刷したプレゼントの箱から、同じプリントの衣装を着たきよしくんが出てきて、とてもチャーミングだったの。
その時のプリントが風呂敷になって、今日から発売というので並んで買ってきました。

濃いめのメイクをして、一瞬「誰!?」と思うような写真がはめ込まれていて、かなり手が込んでいます。
風呂敷で使うのはもったいないけれど、洋裁得意じゃないし、悩むところです。

手が込んでいるといえば、衣装もこれ以上ないくらい豪華になってきていて、それだけでも十分楽しめます。
以前は派手な衣装の時、衣装に着られている感があったのですが、いまは自分のものにして着こなしていますね。
ルンバの時の一粒ダイヤのピアスも、とてもきれいでした。
舞台装置も年々ゴージャスになってきていて、いい感じです。一発目からドライアイス、というのは「ついに!こう来たかぁ〜」と思いましたが、セットを最大限に活かす照明も、見ごたえありました。続きを読む

地味〜な渋谷公会堂…

e39ee728.jpg公会堂の命名権(ネーミングライツ)をサントリーが買って、去年秋までの5年間渋谷c.c.Lemonホールって言っていた渋谷公会堂。
あの巨大なレモンのマークは笑っちゃうほど強烈だったけれど、なくなってみると、なんとも地味で寂しい限り。
でもね、中はきよしくんワールドさく裂で、楽しい2時間でした。

3.11以降、歌舞音曲自主規制モードが続き、さらに次男の就職関連で浮かれていられない気持ちで、ここのところ思いきり離れていたきよしくんのコンサート。昨冬のクリスマスコンサート以来半年ぶり、なんて…年間50ステージ行ってた頃もある足掛け11年のファン人生では、初めてのこと。
CD聴きまくっているとはいえ、ライブはやはりいい!
新曲「櫻」も生で聞いたのは初めてでしたが、涙腺大決壊でした。
やっぱり、歌、うまいよね〜

何年か前の7月に、お母様の緊急手術が心配で体調不良になって中止した渋公から、何百ステージもこなして成長した、今のきよしくんからは、あの時の、あの頼りなさ、か細さなど微塵も感じさせない、余裕のステージでした。
自分がいま何をすべきかわかっている人間の、強さと輝きを感じます。

明日も夜の部、行っちゃうんだ〜お誕生日特需ってやつですよ〜うふ♪

松屋できよしくんの「櫻」に、途方にくれる

934a6ca1.jpg


マガンのお教室に至るまで、けっこうな大車輪。
私にしては早起きの10時前に起きたのにもかかわらず、慌ただしいまま、ブランチを食べただけで、またお仕事。
気づいたら5時でダッシュで家をで、途中、母宅に寄って水野青果特製焼き芋のやきたてを届け…私は匂いをかいだだけってことね。

でも、このままじゃ倒れるなと、荻窪駅駅前の松屋に駆け込み、Sちゃまおすすめの「カレー」を並盛さらにご飯半分でお願いして、半ライスならおそらく500Cal程度かなと。
その時流れていたのがAKB系の歌だったのだけれど、その次の曲が、参ったよね〜。この一週間、何回聴いたかわからないくらいヘビロテで聴いてた、きよしくんの「櫻」だもの。周り男の人ばっかりの中で、おばさんカレーをワシワシ食べてるという、とんでもなシーンに、とんでもな有線。

みなさん、聴いてない、顔なのよね、「櫻」。まぁなぁ、牛丼とも、カレーとも合わないとは思うが。なんだか悔しい。

で、このシチュエーションで聴くと「愛する気持ちは永遠だから…」って大好きな3番のフレーズも、いまこのワシワシな状態の時に何を言う!?みたいな雰囲気に。ちょっと後にしてください、みたいなね。
うう…しかもワシワシ食べてるから、歌の途中でご飯終わっちゃうし、ついているはずの福神漬けはついていないし。
お店の滞空時間は7分だったのだけれど、かなり途方にくれた7分だったのでした。

写真は、こないだたまプラーザでみかけて、やっぱり途方にくれた感ありありだった、ウルトラマン。
映画の宣伝なのか、彼の周りにはいろんな俳優さんのポスターがイーゼルに乗せて飾ってあったのだけれど…誰もみていないのね。子どもに「あ、ウルトラマンだっ!!」って言われないウルトラマンっていうのも、「松屋で櫻」と同じくらい途方にくれるかと思ったので、貼りつけてみました。

途方にくれたら、ここはひとまずおさらばだ〜「シュワッチ!」

古い歌、歌合戦

BlogPaint


高司の大学の同級生、ゴルゴ氏が突然
「古い歌ばっかりでカラオケやろうぜぃ!」
と言い出したのが、昨年の暮れのこと。間に立ったAB氏が、年末年始忙しいからなぁと今日のこの日に設定してくれたのが先月末のこと。

「古い歌…って宮さん宮さんお馬の前にヒラヒラするのはなんじゃいな…クラスの?ならわからんな」

と言い放ったのだけれど、どうもそうじゃないらしい。昭和の、戦前戦後の、新しくても昭和20年代の歌、ということらしい。彼らは現役で大学入ってるから、昭和21年、22年生まれの同級生でほぼ65歳。そのお兄さまがたが生まれた前後の歌を歌いたい!ということ、なんですって。

それなら…私は、若き日の森進一さんのミリオンセラーの「影をしたいて」と「無情の夢」のアルバムを、耳にタコか住みつくくらい聴いてるし、中学の頃から愛してやまない番組が「日本の歌」だったし20代では「演歌の花道」ガン見だったし、きよしくんのアルバムでも毎回6曲は昭和のうたのカヴァーが入ってるし…なんとかなるかも、とオブザーバーでついて行ったのですが。

耳で聞いたことはあっても、歌いこなせるかは別、ましてや気持ちよくカラオケで歌えるかは、さらに別問題ということが、よぉ〜っくわかりました。
そういや、きよしくんのコンサートでも気持ちよくまどろんでいたのは、昭和の名曲コーナーだったしなぁ、それじゃだめじゃん、だわ〜

私はね、一応”国境の町”から歌いはじめ十八番の”無法松の一生(度胸千両入り)”を歌ったら「それは、新しすぎだろぉ」と総突っ込みが入り、しょぼんとしつつ”名月赤城山””青い背広で””人生の並木道””カスバの女””丘をこえて”あたりを歌ったものの、いまひとつ、ぴたっとこない。
そりゃそうだぁ、ふだん、歌ってる歌じゃないものね。

選曲に苦慮しているあいだに、ゴルゴ氏はフランク永井ものでブイブイいい、
AB氏は”あぁ新撰組”で何故かのどさくさの中採点モードで99点をとり、
高司は「なんだ?その歌は?いつのだぁ?」と聞かれるような古くて誰も知らないけれど、奇跡的にカラオケに入っている歌を歌い、
そりゃもうの大さわぎの3時間半となりました。

今回は新年会でもあったのですが、歌メイン、しかも、毎月やろうぜ!とかいう話しにまでなり、大進展。
楽しいことで集まれるのは嬉しいから、いいよね〜。
こんどまで、私は昭和20年代の曲をきっちり何曲かマスターして行こうと思っています。”イヨマンテの夜”あたり、行っちゃおうかな?

あまりの騒ぎで写真も撮るの忘れたので、ピグの部屋で一曲歌ってるところ、写真にとりました。

氷川きよしくん 新曲「櫻」

78224d14.jpg待ちに待った、氷川きよしくんの新曲「櫻」

正式発売は明日ですが、今日の夕方入荷するというので、荻窪ルミネの新星堂で待ち構えて、買ってきました。こんなに入れ込んだ新曲は本当に久しぶり。

聴いた瞬間、様々な情景が浮かび、もう号泣。
「亡くなった愛する人を、櫻に重ねて偲ぶ」という、切ない歌でなのですが、歌を聴いているうちに、父と重なってしまって。父の最後の春に、武蔵野日赤に行くタクシーの運転手さんにお願いし、櫻のきれいな道を選んで行ってもらった時の、舞い落ちてくる櫻の花の記憶がよみがえってしまって、涙が止まりませんでした。
きよしくんのステージで感激して泣く、ということは多々あったけれど、シングル聴いて泣くなんて初めてでした。

この楽曲、「なかにし礼作詞 平尾昌晃作曲」という作家陣。
いままで、どれだけこの日を待ち望んだことでしょう。

デビュー12年、これまでのシングルカットは「初恋列車」「面影の都」をのぞいて全部恩師水森英夫先生の作曲によるもの、作詞は松井由利夫先生がメインでした。お二人の作品は、きよしくんの魅力を12分に引き出しているものの、正直おなかいっぱいの部分がありました。
松井先生が逝去された後、水木れいじ先生が詞を作ってくださって、少し違う風が吹いてきたかなぁと思っていたのですが。まだまだ不満があったのも事実。いろんな大人の事情があって、なかなか著名な先生の楽曲を歌えない状況だったのでしょう。

それだけに期待が大きかったのですが、いやぁ、歌の力ってすごいなぁと思います。
歌詞も、メロディも、そしてそれを歌い上げる声も、すべてそろうと、こんな鳥肌物の歌になるのですね。心が震えました。
まちがいなくこの「櫻」は歌手・氷川きよしの代表曲となることでしょう。
ぜひぜひ聴いてみてくださいね。

櫻/出発(Aタイプ)
櫻/出発(Aタイプ)


続きを読む

今日はきよしくんのデビュー記念日♪

ad0badea.jpg


2000年2月2日に我らが氷川きよしくんは、平成の股旅野郎のキャッチフレーズのもと「箱根八里の半次郎」で日本コロムビア90周年記念アーティストとしてデビューしました。
きよしくんの第二のお誕生日ですね。

昨日今日とコンサートツアー2011を開催している中野サンプラザは、きよしくんのファーストコンサートの会場で、本人もとても思い入れのあるホールだそうです。

2000人収容規模のコンサートホールとしては、関東エリアは駅に一番近いところなので、行きやすいせいかファンにも人気があります。川口リリアも大宮ソニックも国際フォーラム横須賀国際も駅から見えても、ちょっとは歩かなければならないけれど、ここはおそらく4分あれば席まで辿りつけるもの。
音はあまり良くないのですが利便性にはかないません。

今日のこの日に、思いがけずコンサートに参加できたのは、チケットを朝10時便で送ってくれたF子さんのおかげ。
きっちり着物きてでかけて、F子さんの分まで応援したのはいうまでもありません。
あ、途中、あまりにきよしくんの声が心地よくて、うたた寝しちゃったけど。
これは究極の癒しということで。

今日は新曲の「あの娘と野菊と渡し舟」の発売日でもあるので、場内、思い切り活気づいていましたね。
かなり昭和も遡った時期の、もう心象風景になってしまったような設定なのだけれど、どことなく胸がきゅぅぅんとなる良い曲です。
長く愛される曲になるといいなぁと思います。

今日のMC、冴えわたっていました。
今から10年前、はじめてきよしくんのステージを見に行った時のハラハラ感など、とっくに過去のもの。自分自身に自信を持って生きていっているきよしくん、眩しい限りです。


続きを読む

氷川きよしコンサートツアー2011初日

3de05e3a.jpg


今年初めての、一人でのおでかけ。府中の森芸術劇場まで。

ちょっと晴れ晴れとした気持なのは、きよしくんのコンサートツアーの初日だからでしょうか。
一昨日の夜に、お友達のMちゃんからメールがあって、チケット2枚頂いたからいかない?と誘ってもらいました。わぉ。
2階の奥の席だから、とくださったそうです。ありがとうございます〜

私もMちゃんも、もちろん席は前の方が嬉しいにこしたことないけれど、基本的にはきよしくんと同じ空間にいられれば幸せ、なので2階の奥でも大歓迎!

今年も日本全国津々浦々、きよしくんはコンサートに行くのでしょうが、こんな早い時期のスタートは白雲の城、のとき以来じゃないかしら?あの年も劇場公演2本入ってたし、今年も6月明治座一カ月あるから、早めのスタートになったのですね。

今日はツアー初日なので、バンドさん、司会の西寄さん、もちろんきよしくんにも、独特の緊張感が漂っていました。
セットリストも、早着替えも、照明も、クリスマスコンサートを下地にしているとはいえ、ツアー用に組みなおしているのだから、それは当然といえば当然。
参加しているこちらとしては、こういうステージはお宝みたいなものです。

そして今日は、さらに!デビュー12年目に突入する、2月2日発売の新曲「あの娘と野菊と渡し舟」もステージで初めて歌うという記念すべき日でしたが、余裕でしたね〜手に汗もかいていなかったし、MCもますます落ち着いてきて。
20曲の熱唱に、久しぶりのきよしくんのコンサートで熱気にあたりながらも、いっぱいの元気をもらったのでありました。

写真は会場入り口に会ったお花。
会場によっては写真NGなのですが、今日はフリーだったので一枚。

きよしくんにの笑顔にも会えたし、茅ヶ崎のKnちゃんや、Tちゃん、Hちゃんたちとも会えて、みんながこのお花みたいにきらきらしてて、何だか生き返った気のする夜でした。
みんなありがとう!!


セットリストは…続きを読む

やしきたかじんさん「東京」のこと

BlogPaint


「やしきたかじん」さんのお勉強を少ししました。

こないだアメーバぴぐでお友達になったのボーグさんこりんごちゃん御夫妻と大阪でお会いした時に、カラオケで一番最初にボーグさんが歌ったのが「東京」
私は桑田佳佑さんの「東京」かしらんとタイトルをみた時に思って、全然違う、むちゃくちゃいい曲だったので「???誰の歌?」と聞いたら、やしきたかじんさんの曲だったのです。

やしきたかじんさん、というと私には「口うるさいこてこての大阪のおっちゃん」というイメージしかないのですが、こりんごちゃんが
「もともとは歌手やねんで、東京の人は知らん人がおおいかもしれんけど」
というので「えぇぇぇぇぇ!!」と驚愕したしだい。

で、いろいろ曲を聴いてみたらば、ともかく声がすてき。
「スズムシの声を持つゴキブリ」とやしきたかじんさんのことを関西では評す人もいるほど、アクの強いイメージの司会業とのギャップを楽しみながら、多くの人に愛されているのがよくわかります。
彼なりの流儀をもつ、ある意味男義のある生き方も気になるところなのかもしれません。

そういえば何年か前、大阪の歌ばかり集めたCDのコマーシャルが東京でも盛んに流れていたことがありましたっけ。画面に出ている川籐幸三さんにばかり目が行っていたけれど、あの時流れていた曲もやしきたかじんさんのものだったのですって。

ということで、しばらくのマイブームはやしきたかじんさんになりそうな私。

ボーグさんは「やっぱ好きやねん」「ながばなし」もいい歌って教えてくれたので、聴いてみようと思います。
ちなみに写真はボーグさんご夫妻がわざわざ道の駅で買ってきてくれた地元名産のお土産に、水かけ不動さんにお参りしたときの法善寺横丁のパンフとストラップです。

今日も雨

984c3b32.jpg


まぁあとからあとから、よく雨が降ってくるものだと思います。
秋の長雨、なら勘弁してほしいなぁ。

今朝は、10月末に右目の白内障の手術をすることになった母の、術前検査の日です。
作品展に重なってしまったのだけれど、病院がOKで、私たちが居る日が今日以外なかったので、やむをえず…

で、無事に手続きまで済ませて、途中書類を届けに来てくれたSちゃまとうさぎ屋に3人で寄って、高司の待っている新宿御苑まで。
母も行きた気だったので、連れて行くことにしました。

新宿南口から甲州街道沿いを新宿御苑まで。
このあたりは母の青春の地でもあるので、思い出話がぽろぽろと。
まだ、私がおなかに居るときの話しもちらと。
職場結婚だったので2人でお昼をたべて、そのあとは伊勢丹の赤ちゃん用品売り場に、えらい勢いで通っていたらしい。
「伊勢丹でも話題だったのょ!」
、Baby誕生に入れ込む、今の私よりもはるかに若い父と母の様子を思って、少し涙腺が緩くなりました。
待ちかまえてくれていたのに、こんなできの悪い娘で申し訳ないこって。

雨ではありましたが、今日も多くのお客様がきてくださって嬉しかったです。

先日発売の切手も残り部数が二ケタというお話しと一緒に、郵便局のGさんとYさんも来て下さいました。
それからお役所関係の皆さんも…

雨の中、重ねがさね感謝です。

バァイバァイバァ〜イヨン

91d55124.jpg


今日は朝からパソコンかじりつき。
24種類の鳥のテキストを各350文字で、という夏休みの宿題のような有難いお仕事を必死に整えておりました。

基本的な情報はもちろん、ちょっとエピソード的なものも加えて、最初500文字だった所を、レイアウトの関係で150文字減になったので、けずるのが結構大変でした。
削って、加えて、戻して…結局最初から打ったものもあって、朝からびっしり6000文字は打った計算になります。

その間にご飯2回作って、電話も数軒して、頭が煮えながらギリギリ5時まで。
かなりがんばりました。誰も誉めてくれないけど…

いいの今日はこれからお出かけだから!

ささ、浴衣に着替えてダッシュざんす!続きを読む

東京駅6番ホーム

faf5ae2d.jpg
with from R

らぶりー

cee2dcf8.jpg


荻窪一番新宿寄りに、きよしくんのポスターがあったとYさんが教えてくれました!
入場券買って記念撮影かしらん、と思ったけれど…
策の合間から見えたので気合いで一枚。

パソコン持って大荷物3つ持って、浴衣着た〇歳の私が、必死で網にくっついて写真撮ってる姿、ちょっとあんまりだったかもね。

虹色のバイヨン

cf9d4e74.jpg


きよしくん、新曲の告知ですね〜

タカコさんから存在を知らされて…荻窪駅ではじかんがなくて見つからず、吉祥寺駅でみつけました。
2枚並んでいていいかんじ。ホントは2枚並んだところを撮りたかったけど、よその方が前のベンチに座っていたので遠慮。
中央線のホームからみるとこんな感じ。

で、総武線のホームで間近に見ると、告知文の曲名はこんな感じ、

BlogPaint


まさに虹色のグラディエーションで新曲名「虹色のバイヨン」が入っています。

虹色…確か、男女の愛を超えた方々の祭典、渋谷の東京プライドパレードのシンボルは「虹」。
例のフライデーの松村雄基さんとの記事に加えて、さらに「虹」というのはなかなか、できる技ではありません。
松村さん、ホントいい男っぷりできよしくんがうっとりしちゃうのも、よくわかるわ〜。
世間のウワサを相手にせず、きっちりひねりが効いていて、ウィットに富んでてって思っちゃう、今回の「虹」とAタイプの胸板ばっちり映ってるジャケット写真。
オトナになったね〜きよしくん!

新曲、24日、楽しみです〜

きれい?

71bd5444.jpg


パソコンが朝の太陽の直撃を受けて、66度にまで機内温度があがったと、次男が慌てて秋葉原に行ったついでに買ってきたファン。必死にとりつけている最中です。
以前、お世話になっていた実習先では、パソコンを自分で組み立てられる先輩がいらして、次男もいろいろと教わってきた様子。
組み立てやら接続はお手の物、らしい。

組み立てながら、昨日の秋葉原の様子をぽつり…
わずか10mほどの道路にメイドさんの衣装をきた子が、が40人ほどずらっと並んでいたらしい。
「職業メイドさん?」と聞いたら、みんなそう、とのこと。
飽和状態で、客引きってことでしょうか?ふむ…

それにしても、こんな薄っぺらい基盤に、どんだけの情報を埋め込んであるのでしょう。
美しいなぁと思います。

昨日はおひさまに当たっていたせいか、夜は完全にしどろもどろ状態。
お楽しみアメーバピグでのチャットも、早びけさせてもらって、1時就寝、たっぷり9時間爆睡してしまいました。

今日は全員そろっているので、起きれば、ご飯作りやら洗濯やら。
なんで、あんたらは、そう、動かん、とぶつぶつと。
高司は炎天下、チャリで、石神井公園までおともだちのBちゃんに会いにいっちゃうし。
どこにそんな体力が!?
完全に多動の徘徊じじいになりはてそうだね…

そしてはじまったのが「信濃のコロンボ」
大好きなシリーズ、っていうかこれで2時間ドラマにはまったんだった。
途中、長男が意味深な笑顔でおぉというので「?」と思って、あら、と合点。
例の、フライデー、きよしくんと話題になった男優さん、このドラマシリーズで私が一番大好きだった岡部警部役御の、あの!松村雄基さんだったのですね〜。
全然いいじゃん、格好いいし、頭きれそうだし…
変な軽い女とま噂が立つくらいなら「オトコの友情」でも愛情でも全然いい。

それにしても、この放映って前から決まっていたのかな?

アメリカっぽい色?

d6db709f.jpg


昨日も楽しくチャットしながら夜更かし。
今朝は10時に起きて、大車輪。

まず、よっし〜のとこの「着物でハーネス」第32弾分を打って。
BGMはきよしくんの「男気」
このアルバムは進みますね〜指が。1時間で2600文字打てた。さすがきよしくん。

きよしくんと言えば、フライデーに大きく出てましたね〜
14歳年上の濃ゆい俳優さんと仲良し、という記事なのですが。
なんだかえらく中途半端。スキャンダルにもならないような…
いいじゃないね〜お友達同士、お酒飲んでまったりしてても。
きよしくんの素の笑顔、が写ってるあたり、ファンはそれ見ただけでも幸せかも。

ハーネス気合いで打ち上げて、登場して下さる方にチエックを入れていただいて…

9月の谷津干潟の展示や「体験!“タマゴ式”鳥絵塾」の内容を、観察センターのKさんと決めさせていただいて…

合間に2回、ご飯も作って…

相変わらず咳はでているものの、何でこんなに勢いが?と思ったら眼下に広がるビタミンカラーが原因か?

パソコン前にはピンクのクロス、ポップなスカートとタンクトップ。シルクなので色目よりも涼しいのさ。クーラー入れない方が、仕事が進むっぽい?

ル クール ピュー


97642831.jpg


今日は母の眼科、手術前は0.05しかなかった左目の視力は、術後半月で裸眼で0.5まで回復、眼鏡を使うと1.0見えるんですって。
だから。毎日、しわがどおの、白髪がどおの、と言い募る訳だわ、婆さまが。

おかげさまで順調ななおりぶりと聞いて、ほっとしたら、二人ともおなかがすいてきたので、ル クール ピューへ。

その前に荻窪ルミネのTOPKAPIを目指します。
今日、私がもっていったのは、ここのLIBERTYプリントにビニールコーティングしたバッグ。Joseph's Starsという太陽系の星座が手描きで散りばめられた、ちょっと見はデザイン化したお花の様な柄。
それを預けてトイレに行って戻ったらば、もうすっかり気に入っていて。
お揃いで欲しい!といいはじめました。
お揃いだと大きいから小さい方ね、と寄ってみたら、まだ在庫があってにっこり。
【ポイント2倍】★リバティ柄新作デザインの自信作★雨に強いビニールバッグ★TOPKAPI(トプカピ)LIBERTY(リバティ)ランチバッグ【あす楽対応_九州】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_近畿】【送料無料】【smtb-TD】【yokohama】【P25jun10 新規店】【yo-ko0628】

ごわごわしていないビニールコーティングは持ちやすいしね。

で母のいうところの「ルー」でしばらくお茶をして、買い出しをした荷物と一緒に母を家まで送り届け、また荻窪に戻って、中野坂上の病院へおしまいギリギリで飛び込んで…サミットで買い出しをして。
なんとも大車輪な一日になってしまいました。はぁ。
この慌ただしさったら。次男に大祓いでもしてもらわなければ。


それにしても、パク・ヨンハさん、気の毒なことですね。

まだ日本で歌手デビューしたての彼のコンサートを、パシフィコ横浜まで聞きに行ったことがあります。
一生懸命で、まじめで、キラキラ光っていて…きよしくんと通じる所のある歌い手さんでした。
歌声も甘く切なく俳優さんの余技という半端なものではなく、立派な歌い手さんで、ホール中が彼の紡ぎだす世界に酔っていました。

いっぱいいろいろ抱え過ぎた荷物を、「責任」というかせでぐるぐる巻きにしてしまって、身動きとれなくなってしまったのでしょうね。

今、日本で開催中だったコンサートツアーの日程をみましたが、あれじゃきつい。
まるできよしくんの日程をみているよう…2000人超え収容のホールばかりが続いていて日程もびっしりだもん。

言葉もさほどわからない国で、歌い続ける苦しさもあったのかなぁ。
待っているファンの悲しみや、これからの彼に会えなくなる苦しさを、考える余裕も無かったのでしょうね。

ああ、残念なことです…

つきました渋谷CCレモンホール。

a722f3f0.jpg


今日で30日目、60ステージというきよしくんのコンサートツアー。
なんと!今年はじめての参加です。
きよしくんのおっかけをはじめて足かけ9年、こんなスローなスタートははじめて。

「飽きたの?」とか言われるのですが、そういうのでもなく。
タイミングが合わないことが大きな要因。前だったら2時間睡眠でも行ってたよなぁとは思うのですが。気力・体力ともに低下しているのでしょうね〜
いわゆる「ぁああ…あたしも年をとった」ってとこでしょうか。言いたかないけど。

お誕生日の前日の真夜中に、いきなり一枚チケットをゆずって頂けることになり、これはチャンス?とばかり食いついてしまいました。
年はとっても肉食系なのかと思います、あ、本物の肉は嫌いだから、気持ちが肉食系という意味ね…

ひさしぶりの「きよしくん」コンサートの喧騒も、ペンライトも懐かしく、2階の奥の方でたっぷりと19曲楽しんできました。
きよしくん、2回ほど落涙、っていうか二回目は号泣でしたね…
5年前だかの7月、八王子のあとの渋公が体調不良でキャンセルになって、あの頃のくるしかったことを思い出したのかなぁ。

ここまで頑張って歩いてきて、偉いなと思います。
ホントがんばりやさんだね〜きよしくんは。
その姿に会いたくてコンサート通っていたんだったのにね。
ここんとこのご無沙汰、心の中で、思い切りごめんなさいをしたのでした。



続きを読む

「歌鬼3〜阿久悠×青春のハーモニー」視聴版、聞いてみました。

■お題の2■ 今回聴いてみた阿久悠作品の中で、お気に入りのワンフレーズとその理由を教えてください。

やはり「あの鐘を鳴らすのはあなた」の最初のフレーズ。

「あなたに会えてよかった、あなたには希望の匂いがする」

が一番、お気に入りです。

私の好きな演歌は「演歌」だけでなく「艶歌」「怨歌」とも表すくらい、ちょっとドロドロな男女関係を歌ったものが多いのです。

もちろん「援歌」として元気を鼓舞するようなものもあるにはあるのですが、唸りやこぶしが入ると、どうしても拝聴いたします、という感じになります。

きちっと作り込んだ歌詞と、わかりやすい旋律、日本人ならではの情景・心象風景、あたりを、歌唱力抜群の方たちが歌うのですから、こちらも背筋がのびますよね。

この「あの鐘を鳴らすのはあなた」はずっと昔に、オリジナルで聞いた時に、フランスの英雄ジャンヌ・ダルクが心に浮かびました。
胸を張って自分の道を生きる、その道は自分だけの道ではなく、民の進む道。
そんな印象をもったのです。

それまでとっぷりと浸っていた「演歌」のどんよりとした世界に、まさに一陣の風が吹いたような、爽やかな気持ちでこの歌に耳を傾けたものでした。

それからしばらくたって、二人目の子どもが生まれた時に、私の頭の中で思い切りリフレインしていたのがこの「あの鐘を鳴らすのはあなた」でした。
彼が私の人生のジャンヌ・ダルクになってくれるような気が、していたのかもしれません。

この名曲を、和田アキ子さんの歌唱でなく聞くのは、正直違和感があるかとも思いましたが、そこは、さすが、ゴスペラーズ。
ハーモニーが歌にさらに深い味わいをつけていました。

日本のスタンダードとも呼べるこの曲は、まだまだこれからも進化を遂げて行くのだと思うと、楽しみになりました。

オレンジバーミリオンな一日・参

ed46948d.jpg


母と、野菜とお花を、実家に置いて、急いで家に戻りシャワーを浴びてスッキリしてから、目指すはNHKホール。
先週も歌謡コンサートに誘ってくれたMちゃんが、昨日の夜遅くメールをくれて、今日の歌謡コンサートも誘ってくれたのです。

嬉し〜、ありがと〜!

昨日が夏至、の次の日ってことは、今日は日本で二番目に日が長いってことですね。
その頑張ったおひさまが、代々木の森に沈んでいくところ。
写真ではよく写ってないんだけれど…これもオレンジバーミリオンだったのさ。

7b66a2c1.jpg



そしてお仕事帰りのMちゃんの足元、ご注目くださいませ。
こちらも目にも鮮やかなオレンジバーミリオンな長靴。
どうも彼女が出かけるときの天気予報では夕方は雨、だったらしいの。

先週の歌謡コンサートの帰り、ずしょぬれの雨でびっしょり、だったので、今日は思い切り雨仕様できたらば、夕陽のきれいなあららなお天気になっちゃって…
私はユニクロの990円の突っかけサンダル。

きよしくんファンのあたしたちが、こぉんな気の抜けた格好しているってことは、当然今日はきよしくんは出演しません。
でもきよしくんつながりのお友達TちゃんとHちゃんも来ていて、3階の階段室で、車座になってご飯たべて、遠足みたいで超楽しかったです。

さて、今日の歌謡コンサート、24日が命日の、美空ひばりさん特集で、そうそうたる方たちが、彼女の名曲を歌ってくれました。

中でもキム・ヨンジャさんの「川の流れのように」は鳥肌ものでした。
森進一さんは、三木たかしさんの遺作でもある「さくらの唄」。
森さん、いっときの体調不調感がなく、かなりふっきれた様子で、のびのびと歌っておられましたね〜
NHKホールに白い紙のサクラや雪をみたことは数多ありますが、きっちりピンク色のサクラの花びらが舞い散るのをはじめてみました。

森さんの新曲「眠らないラブソング」も、先週からわずか1週間でかなり歌いこんでいて、唸りました。小室哲哉さんの作品ですね。
おそらく、何度も何度も音作りをされた結果なのでしょう、とても森さんの声が生きた曲になっています。

Mちゃんは日曜日、森さんの新曲披露イベントで横浜某所に行っていたそうです。
サプライズゲストの小室さんは、しっかりキーボードもリハーサルをし、森さんの握手会でも、横に並んで握手をされていたそうです。
とても謙虚で、真摯な姿勢に好感が持てたとのこと。

なんていうか…マスコミが作り上げた「コムロ」のイメージとはかなりかけ離れていますね…
いろいろあった大人の二人が、この曲でパワーを取り戻して欲しいなと熱烈に思います。
記事検索
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ